雑記

VRやる夫.com開設のあいさつ

投稿日:2016年10月14日 更新日:

VRやる夫.com:http://vr.yaruoislife.com

Twitter:burst@vrやる夫.com @yaruyara56

 

みなさん、初めまして

VRやる夫.comを運営するburstと申します。

まずこのサイトにお越しくださり、ありがとうございます。

 

 

 

VR楽しんでいるでしょうか。それとも、まだVR機器を持っておらず、なんとなく興味をもって来ていただけたでしょうか。

自分はVRというものに虜になってしまった一人です。

VRを体験したそのすさまじさ、それは体験した人ならば誰もが感じたことでしょう。

しかし、その制約やハードルの高さなどの問題から、今現在でもVRを体験しておられる方は相当少ないものだと思われます。(2016年10月13日PSVRによってその問題はかなり改善に向かったかと思われますが)

このサイトの目指すところは一口に言ってしまえば、VR情報の統合サイトなのですが、その目標はもう少し先に進んだところにあります。

それは何といってもVRというものの認識を普及、体験したいと思う方を増やすということです。

こう書くと何とも大言壮語なことかと思われますが、最終目標ぐらいは大きく持ちたいかなと思いまして…

またこれだけだと、体験だけさせればあとは放置か、とも思われてしまうかもしれませんので、最新のVR情報なども揃えることで、VRオーナーの方々のサポートにもなればいいなとも思っております。

 

ざっくり自分の気持ちをお伝えすると、要は

VRめっちゃ楽しいから、体験だけでもしていって!もしよかったら買ってね!!

ということです(笑)

 

どうかこれから頑張っていきたいと思いますので、当サイトVRやる夫.comをごひいきによろしくお願いいたします。

最後に注意として知っておいてもらいたいのですが、

自分はただのVR好きな一般人でありますので、いろいろと勉強中の身であり、非常に申し訳ないのですが、間違いもあるかとも思います。

何かしらの記述の間違い等見つけましたら、ご指摘いただけると非常にありがたいです。適宜修正いたします。

また、自分のスタンスとしてどれかのハードが不利になるような記事などを意図的に書くことはしません。確かに比較する際、どちらかに強みや弱み、メリットデメリット、優位性があることは当然あります。そういう記述は書くこともあるかもしれませんが、悪意を持ってどちらかの側に立ったり、対立を煽ったりということはしないようにしたいと思います。そのように見えたとしたら、自分の文章力が足りなかったということです、そのことだけご了承ください。

注意は以上ですが、運営していく中でこうした注意が増えていくかもしれません。

ここの記述も修正することがあるとご理解ください。

では、良きVRライフを!

burst

 

-雑記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした

NEXT
テスト